FC2ブログ

古四王神社



眼病平癒のご利益あり! 坂上田村麻呂も戦勝祈願した古社


古四王神社 (こしおうじんじゃ)





《神紋》
古四王神社神紋

神紋として、仏具の輪宝が使われています。


《基本データ》

鎮座地:秋田県秋田市寺内児桜1丁目55-5

御祭神:武甕槌命(たけみかづちのみこと)・大毘古命(おおひこのみこと)

創 建:伝658年(斉明天皇4年)

旧社格:国幣小社、式外社〈現・別表神社〉

例祭日:5月8日

境内社:田村神社(住吉神社・今木神社合祀)・神明社・岩戸神社

由 緒 


 往古のことは明らかではないが、大彦命が北陸巡撫の際、我が北門の鎮護として武甕槌命を奉祀し、齶田浦神(あぎたのうらのかみ)と称した。

 次いで阿倍比羅夫下向のおり大彦命を合祀し古四王と称してあがめたという。

 この地は往古齶田村と称し、鎮座の地を高清水岡という。

 聖武天皇天平5年出羽柵を移し、この高清水岡に置かれ、のち秋田城となって北辺防備の根拠地なり、坂上田村麻呂もこれに拠り従ってその守護神となった。

 中世秋田城鎮守古四王大権現と称し、武人並びに地方民の崇敬篤く、佐竹藩主は社領60石を寄せた。

 明治15年4月国幣小社に昇格した。

(秋田県神社庁の古四王神社のページより)




  御祭神は、武甕槌命(たけみかつちのかみ)と大毘古命(おおひこのみこと)である。

 由緒の古伝では、崇神天皇の御代に四道将軍の一人として北陸道に派遣された大彦命が、葦原中國(あしはらのなかつくに)平定に功のあった神代の武神武甕槌命を奉齋創祀し、齶田浦神(あぎたのうらのかみ)と称されていたが、斉明天皇の四年阿部比羅夫が秋田地方を遠征した際に、祖先でもある大彦命を合祀して古四王神社と称し奉るようになったといわれている。

歴史学的には秋田地方に大彦命が遠征に到達していたという明徴はないが、北陸東北の各地に古四王、巨四王、越王などと記される多くの神社が奉祀されているから、極めて古い時代から北陸とそれに続く東北の日本海岸側に亘って広く「こしおう」の神は崇敬されていたのであろう。

だから城の國守として北陸に勢いのあった比羅夫が、この神を尊崇したことも当然だったであろう。

 奈良朝以後は、蝦夷平定の拠点秋田城が神域の高清水岡に営まれることとなったので、城鎮護の武神として、尊ばれることになり、ひき続いて中世には安東・秋田氏に、近世には佐竹氏に武神として崇敬を受けたのである。

 近くの住人や遠くの信者からは、単に武神としてのみではなく、産土神として豊作や眼病平癒についても広く崇拝されたのである。

 明治以後県内ただ一社の國幣社に列せられたのも、その歴史的な神徳の高貴さによるものであった。

境内には、田村神社(住吉神社・今木神社合祀)・神明社の摂社・末社も鎮座している。

(参拝時に頂いた「旧国幣社古四王神社由緒」より)







こちらは秋田県内唯一の国幣社です!

現時点では2回、参拝しました。


由緒にもあるように、もとは北門鎮護のため大毘古命が

「齶田浦神(あぎたのうらかみ)」として武甕槌命を奉祀したのが始まりです。


ちなみに、「齶田(あぎた)」が後に「秋田」に転じたとか。


その後、秋田地方の遠征に来た阿部比羅夫(あべのひらふ)が、

祖先である大毘古命を「古四王」と崇めて祀ったことから、

「古四王神社」と称されるようになったそうです。

神社の周りを3周すると目が良くなるとか...

眼病平癒の祈祷札も頒布されていました。




《参考写真》

参拝したときの写真です(注:秋と冬の写真が混ざります)

まずは正面から


鳥居と参道

正面


社号標 「国幣小社 古四王神社」

社号標

由緒案内板

由緒案内板

鳥居をくぐって左側に、社務所と手水舎があります。

(手水舎の写真を撮り忘れました...)

手水舎と参道をはさんで向かい合うように、境内社の田村神社が鎮座しています。


拝殿へと繋がる石段

そんなにきつい石段ではないですよ

石段


拝殿

拝殿

そして、狛犬さんたち。

ここでは、一番きれいに撮れたものだけを紹介しますヾ(・∀・)ノ

狛犬1
狛犬2


石段付近にもいらっしゃいますので、見てみてください


境内社「田村神社」

田村神社

御祭神はわかりませんでしたが、おそらく坂上田村麻呂ではないでしょうか?

最後に、御朱印です!

御朱印1
御朱印2




由緒をお借りした、秋田県神社庁の古四王神社のページです
http://akita-jinjacho.sakura.ne.jp/tatsujin_etc/kennsaku/akita/043_kosiou.html

一応、さらに詳しい歴史などが書いてあるWikipediaのページも載せておきます
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E5%9B%9B%E7%8E%8B%E7%A5%9E%E7%A4%BE




《アクセス》



駐車場完備で、道路沿いに看板も出ています。

◎電車 
 JRの最寄駅「土崎駅」より徒歩37分

 結構距離があります。

◎バス
 JR「秋田駅」から秋田中央交通のバスに乗ると目の前で乗降できます。

 秋田駅より秋田中央交通 「将軍野線」または「寺内経由土崎線」で「寺内地域センター前」または「護国神社前」下車




もしかすると、神職さんがいらっしゃらないときもあるようです。

神社庁のページに電話番号も記載されていますので、御朱印を拝受する際は事前に確認するといいかもしれません。




秋田県内での知名度はあまり高くないと思うのですが、

一番おすすめの神社です!

秋田に来た際には、ぜひお参りください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント